ストレスを抱える男性 男性にとって、EDは生活の質にも関わる大きな問題です。
パートナーとの関係にヒビが入ってしまったりストレスが溜まったり、心身を壊してしまうこともあるでしょう。
デリケートな問題でもあるので簡単に周囲の人に相談することもできず、一人で悩みを抱えて症状を悪化させてしまう人も珍しくありません。

自分がEDだと気付いたら、できるだけ早く専門医の診察を受けて治療を始めることが大切です。
ただ、症状が症状だけに気軽に病院へ行けるものでもありません。治療のために何度も病院へ通う時間が無い人もいるでしょう。
そんな場合は、ED治療薬(勃起薬)として高い人気を誇るレビトラを個人輸入代行で入手するという方法もあります。

レビトラを通販で購入する具体的な方法や個人輸入代行業者の探し方、レビトラの基本情報などを知り、恥ずかしい思いをすることなくED治療にチャレンジしてみましょう。

個人輸入代行でレビトラを入手

レビトラは世界中で広く利用されているポピュラーなED治療薬ですが、基本的には医師の診察を受けたうえで処方してもらわないと入手できません。
強い成分を配合した医薬品なので、医師が患者の状態や持病などを見ながら正しく処方する必要があるためです。
しかし、男性にとってEDで医師の診察を受けるというのはかなりハードルが高いものです。
できれば誰にも知られずに症状を改善したいと考える人が多く、なかなか病院へ行く勇気が出ないことも珍しくありません。

インド こんな場合は、インターネット通販を利用してレビトラを個人輸入するのも一つの選択肢です。
レビトラは日本では医師の処方が無いと入手できませんが、インドなど海外で製造されたレビトラであれば個人が購入することができます。
海外では日本よりも安価にレビトラが売られていることが多く、国内では1錠あたり2,000円もするところ、通販なら1,000円から1,500円ほどで購入することができます。
普通に処方してもらうより遥かに経済的なので、少しでもコストを節約したい人にもお勧めです。

ED治療薬をインドなどから個人輸入すると聞くと、日本の法律に違反するのではないかと心配する人もいるでしょう。
もちろん日本には医薬品に関する法律があり、厳しく規制されているので誰もが自由に好きなだけ輸入できるわけではありません。
あくまでも個人が自分のために使用する分に限り、約1ヶ月分に相当する量だけ輸入できると決められています。
輸入すれば安いからと言って大量に購入し、それを国内で転売したりすれば当然法律違反となって罰則を科されるので注意しましょう。

自分で使うつもりでも、1ヶ月分を明らかに超える量を注文すると税関で没収されてしまうこともあります。
また、女性の名前なのにレビトラを購入すると、自分で使う目的ではないと判断されてしまって同じく没収される可能性もあるので注意が必要です。
個々の注文が全て税関でチェックされているわけではありませんが、トラブルを避けるためにも紛らわしい注文はしないようにしましょう。

個人輸入するときは自己責任

また、レビトラを個人輸入で購入すると、医師に服用方法などを指導してもらうことができません。
医師の診断に基づいて処方されたわけでもないので、体質や持病によっては効かないこともあります。
完全に自己責任での使用となるので、できれば過去に医師の処方でレビトラを服用したことがあって、服用方法などを理解している人だけ通販を利用した方が無難です。

さらに、インドなど海外の通販だと、正規品だけでなく偽造品が送られてくるリスクもあります。
相場と比べて明らかに安すぎたりパッケージが微妙に異なったりなど、正規品とは違った特徴が無いか注意深くチェックしておきましょう。
通販で購入する場合は基本的に個人輸入代行業者を通すことになるので、正規品を取り扱う良心的な業者を利用することがポイントです。

口コミや評価サイトで優良業者を探そう

レビトラを個人輸入しようとしている人 EDの3大治療薬の中でも人気の高いレビトラは、個人輸入代行業者が運営している通販サイトを利用することで注文が可能です。
あくまでも医薬品なので、一般的な通販サイトでは購入できません。
個人輸入代行業者と言っても、利用する分には一般的な通販と変わりなく、レビトラを必要数注文して代金を支払えば良いだけです。

ただ、業者の中には正規品を売っていない業者や、代金を支払ったにも関わらずいつまで経ってもレビトラを送ってこない悪質な業者も紛れています。
例えば、本来5mgと10mg、20mgという3タイプしか存在していないはずなのに、なぜか100mg入りのレビトラを販売しているサイトもあります。
配合量が多いから確実に効くと謳っているのですが、そもそも存在していないものが効くはずもありません。

単に効かないだけなら良いのですが、身体に害のある成分が使われている危険もあります。
このようなトラブルを避けるためにも、レビトラを注文する際には確実に信頼できる優良業者だけを利用することが大切です。

どの業者が優良なのかは、インターネットの口コミや評価サイトをチェックすれば分かります。
最近は個人輸入が普及してきたので、ニーズに応えてこういったサイトも数多く開設されています。
業者ごとやレビトラのジェネリック版ごとなど、様々なポイントで口コミが寄せられているので確認してみましょう。

数ある個人輸入代行業者の中でも、ユーザーに特に人気が高いのがアイドラッグストアーとオオサカ堂という業者です。
この2つの業者は個人輸入を利用する人達の間で知らない人はいないほどの人気を誇っており、非常に信頼が置けます。
初めて個人輸入をする場合は、この2つのうちどちらかを利用すると良いでしょう。

取り使っている医薬品の数や取引実績、値段などはオオサカ堂の方が勝っていますが、アイドラッグストアーは個人輸入業者としては珍しく日本法人が運営しています。
どちらも非常に多く販売実績を誇っていて長年営業しているので、口コミも高評価のものがほとんどです。

アイドラッグストアーはクレジットカードも使えますし、過去の教訓から現在は個人情報に関して非常に厳しく管理しているため、安心して利用することができます。
医薬品に関しても定期的に研究機関に成分分析を依頼しており、鑑定書をサイト上で公開しているので間違いなく正規品を購入することができます。

信頼できる業者からとにかく安く購入したいという場合はオオサカ堂を、多少高くても良いから品質やサービスを重視したい場合はアイドラッグストアーを選ぶと良いでしょう。
どちらの業者も購入後に追跡番号が発行されるので、現在荷物がどこにあるのか、間違いなく発送されているのかを確認することもできます。
遠い海外からの発送では荷物追跡があると非常に安心できるので、このようなサービスのある業者の方がお勧めです。

レビトラは何故人気なのか?

今ではED治療薬と言えばレビトラが真っ先に上がるほどの人気となっていますが、何故こんなにも人気が高いのか不思議に思う人も多いでしょう。
そもそもレビトラとは3大治療薬の一つに数えられるED治療薬で、2003年にバイエル社より販売が始まりました。
バイエル社はドイツに本社を置く世界的な医薬品メーカーで、品質などには絶大な信頼を置かれています。

日本でも2004年に正式に認可され、ED治療に利用され始めました。
主な有効成分はバルデナフィルというもので、レビトラは即効性があるという特徴があります。
他の治療薬では服用してから勃起状態に至るまでに数時間かかっていましたが、レビトラは服用してから15分程度、遅くとも30分以内には症状を改善することができます。

これは驚くべき速さで、何時間も前から準備をしなくても良いという気軽さが多くの男性の支持を集めています。
突然そういった雰囲気になったとしても慌てることなくサッと服用すれば良いので、性行為のタイミングにうまく合わせることができて非常に心強いです。

また、服用方法の手軽さも魅力の一つです。
レビトラは食事による影響をほとんど受けないため、服用しても普段通りの食事を楽しむことができます。
カロリーが高いものや脂っこいものを食べると若干症状が改善しにくくなりますが、ごく普通の食事なら気にしなくて良いのでデートの予定や雰囲気を壊すこともありません。

さらに、レビトラを服用するとEDだけでなく早漏も改善することができます。
作用によって硬さも出るため刺激に対して耐性が付き、早漏の人も時間をかけて行為を楽しむことが可能です。
EDと早漏は同時に発症しやすいという特徴があるので、ED以外に早漏で悩んでいる男性も試してみてください。

この他、レビトラは他のED治療薬では認められていなかった糖尿病や肥満症、前立腺癌で手術をしたことのある人や脊椎損傷のある人などでも服用することができます。
糖尿病にかかるとEDになりやすいので、これまで他のED治療薬が使えず悩んでいた人にとっても大きな助けとなるでしょう。

このように、レビトラには特徴的なメリットがいくつもあります。
もともとレビトラ以前に販売されていた他の治療薬の問題点をカバーするためにバイエル社が開発した薬なので、ユーザーが希望するポイントをしっかりと抑えています。
レビトラの後に開発された薬もいくつかありますが、やはり即効性ではレビトラに勝るものは少ないです。

持続時間が非常に長いものの作用するまでの時間が長かったり、早く作用する代わりに持続時間が非常に短かったり、何かしらの欠点を持つものがほとんどです。
この点、レビトラは即効性と持続時間のバランスの良さが優れているので、コストパフォーマンス的にもメリットが大きいと言えます。
ED治療薬を探している場合は、安全性や即効性、持続時間とのバランスなど魅力の多いレビトラをまず試してみると良いでしょう。

通販で人気のED薬

ED治療薬とひと口に言っても、3大治療薬とも呼ばれているように人気のある薬は他にもあります。
最初に開発されたバイアグラは今ではあまりメリットがないので人気も落ちていますが、レビトラやシアリス、アバナなどはそれぞれの特徴に応じて多くの男性が利用しています。

シアリスはレビトラの後に開発された薬で、最大で36時間という非常に長い持続時間が魅力です。
その分性行為から3時間前までに服用しないといけないので使い勝手は良くないですが、とにかく持続させたいという人に人気です。

アバナは最も新しいED治療薬で、性行為の30分前に服用すれば最大で6時間持続します。
即効性はレビトラに勝るとも劣りませんがあまり長時間持続しないので、使用するシーンが限られます。
とにかく早く強く効くので、他の治療薬が効かなかった人は試してみると良いでしょう。
比較的新しい薬なので日本ではまだ認可されておらず、病院に行っても処方してもらうことはできません。
どうしても欲しい場合は、やはり個人輸入代行業者を利用するしかありません。

おすすめはレビトラジェネリック?

即効性や持続時間、安全性などのバランスが良いのはやはりレビトラなので、通販ではレビトラのジェネリックもかなり人気が高いです。
ジェネリックに不安を感じる人も多いでしょうが、基本的な製法や有効成分は本家のレビトラと同じです。
添加物などが異なることはありますが、期待できる作用に大きな違いはないので安心して使えます。

レビトラのジェネリックの場合、開発費がかかっていないので先発品と比べて非常に安く購入することができます。
代表的なものとしてバリフという薬が挙げられますが、これだと20mg配合で1錠あたり約200円しかかかりません。
先発品を病院で処方してもらう場合の10分の1の価格で済むので、経済的にも大助かりです。
他にもブリトラやレビスマ、サビトラやジェビトラなど、人気のあるジェネリックは数多く販売されているのでチェックしてみましょう。

レビトラのジェネリックは、特許の問題から国内で入手することはほぼできません。
インドなどの海外ではジェネリックの製造が盛んなので、通販を利用すればバラエティ豊かな薬の中から選ぶことができます。
レビトラと全く同じ成分で安く購入したい場合は、このようなジェネリックも検討してみてください。

ただ、最近になってレビトラの有効成分に新たな特許が追加されたため、これまで流通していたジェネリックが製造中止になりつつあります。
現在通販で取り扱われている在庫が切れたら何年も安いジェネリックを購入できなくなるので、気になる場合は今のうちにジェネリックを購入しておいた方が良いでしょう。

いずれのED治療薬にしても、通販を利用する以上は優良で信頼できる業者を利用するのが基本です。
どんなに安くて人気があっても正規品でなければ意味がないので、通販を利用する前に業者の見極めをしっかり行うようにしてください。