ラブグラが女性用バイアグラと呼ばれる理由

「ラブグラ」は「女性用バイアグラ」と言われている薬です。
バイアグラはファイザーという会社が製造・販売しているED治療薬の1つです。
なぜ、ラブグラが女性用バイアグラと言われているのかというと、ファイザー製のバイアグラと同様の有効成分を配合している点に由来しています。

ED治療薬として処方されるバイアグラには、シルデナフィルという有効成分が配合されています。
このシルデナフィルは、ホスホジエステラーゼという酵素の働きを抑制するのが特徴的な成分です。
ホスホジエステラーゼの働きが抑制される事によって、血行促進作用や血行拡張効果といった働きを得られます。

女性の場合、女性性機能障害「FSD」によって性交渉がスムーズに進まないというケースも少なくないようです。
FSDは性行為への意識が低下し興奮しない状態となる、オルガズムの障害、挿入時の痛みなどの症状を引き起こします。
ラブグラはこのような症状が起こるFSDを緩和する薬です。

有効成分であるシルデナフィルによって、女性器部分の血行が促進されると膣内の乾燥が改善され、スムーズに性行為が行えるようになります。
過去の精神的なトラウマや精神的・身体的なストレスによるホルモンバランスの乱れなどによるFSDを緩和するために、ラブグラは効果的です。

ラブグラは海外のアジャンタファーマ社が製造・販売している薬です。
ピンク色でお菓子のような形状をしている錠剤ですので、女性が持っていても恥ずかしさを感じる事は少ないでしょう。
実はラブグラ、ウーメラという薬のジェネリック医薬品となります。
アジャンタファーマ社はインドの医薬品メーカーですが、ウーメラを製造・販売している医薬品メーカーもインドです。
ただ、今現在はウーメラの製造・販売は中止されています。

ラブグラと似たカラー・形状のレディグラも女性用バイアグラと言われる薬の1つです。
レディグラもラブグラ同様、シルデナフィルが有効成分として使われています。

不感症改善効果がある女性用ED薬ラブグラ

女性用バイアグラとも言われている「ラブグラ」ですが、不感症を改善する効果もあるのでしょうか。
女性性機能障害「FSD」は英語でFemaleSexualDysfunctionと書き、頭文字をとってFSDと呼ばれている症状です。
FSDを起こした時に起こる症状として、不感症が挙げられます。オルガズムの障害によって、性行為の質が低下してしまうのが特徴です。

女性にとって大きな問題にもなってしまう不感症、ラブグラを試す事で症状を緩和出来るかもしれません。
ラブグラに含まれている有効成分はシルデナフィルです。このシルデナフィルは、女性器周辺の筋肉を弛緩させ血管を拡張する事によって、血流を促進する働きを発揮する成分と言われています。

血管拡張や血流の促進によって、女性器周辺の筋肉がゆるみ、いわばリラックスした状態となります。
緊張がほぐれてリラックスした状態で性交渉を行えば、性的刺激を感じやすくなり結果、不感症を改善出来るという仕組みです。
また、性的刺激を感じやすくなる事で、膣内の分泌液が増加し挿入時の痛みを抑えるという効果も発揮します。

以前、性交渉時に痛みを感じてしまった場合、それがストレスとなり緊張から不感症になってしまうケースもあるようです。
ラブグラを上手く活用すれば、女性も楽に性交渉を行えるようになります。
性交渉をスムーズに行う為に服用する薬は男性のものという、イメージを持っている女性も多いかもしれません。

ですが、今はラブグラのように女性用の医薬品も販売されています。
不感症で悩んでいるという女性は、ラブグラを1度試してみても損は無いかもしれません。
見た目もピンク色の錠剤で、女性が持ち運びしやすいよう工夫もされています。