レビトラのジェネリックはなぜ売れる

レビトラのジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社が製造しています。インドでは製法特許は認められていますが、成分特許は認められていません。
そのため製法を変更して同じ成分のジェネリック医薬品を製造できます。
レビトラにはサビトラやバリフ、ジェビトラ、シプラ、ベルデナフィル、ピットリアなどのジェネリック医薬品があります。
サビトラやバリフ、ジェビトラ、シプラ、ベルデナフィル、ピットリアなどには、レビトラと同じ成分であるバルデナフィルが含まれています。

レビトラのジェネリック医薬品は、主にインドで正式認可を受けて製造・販売されています。
安価なだけでなく安全性も優れているため人気です。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルには即効性があります。空腹時に服用すると20分ほどで効果を実感できます。
また食事の影響も受けづらく、エネルギー量が700kcalまで脂肪分が30%以下であれば問題はありません。
レビトラは扱いやすいED治療薬です。ジェネリック医薬品には同じ成分が含まれており、安価に同様の効果を期待できます。

レビトラのジェネリック医薬品は経済性と安全性に優れています。
本家のレビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。病院や個人輸入代行サイトでは主に10mgと20mgが扱われています。
5mgは効果が弱いため、あまり流通していません。レビトラの価格は10mgだと1錠あたり1500円ほどです。20mgは1800円ほどとされます。
ジェネリック医薬品であるバリフは20mgの錠剤ですが、1錠あたり190円で購入できます。

レビトラのジェネリック医薬品は非常に安価なため、コストを抑えて勃起不全を改善できます。
ただしインドでは、2017年1月にバルデナフィルを含むジェネリック医薬品の製造中止が決定されました。現在は在庫品の販売のみが認められています。
日本でも個人輸入代行サイトを利用すれば、レビトラのジェネリック医薬品を購入可能です。

同じ効果なのに何故安い?輸入ジェネリック医薬品

インドでは医薬品の製法特許は認められていますが、成分特許は認められていません。製法を変更すれば同じ成分のジェネリック医薬品を製造できます。
インドの製薬会社は、正式認可を受けてレビトラのジェネリック医薬品を自由に製造できました。
サビトラやバリフ、ジェビトラ、シプラ、ベルデナフィル、ピットリアなどには、レビトラと同じ有効成分のバルデナフィルが含まれており価格も安価です。

レビトラは日本の製薬会社によって開発されました。
日本の製薬会社がインドの裁判所にジェネリック医薬品の製造と販売の中止を求めて提訴したところ、2017年1月にバルデナフィルを含む製品の製造中止が決定されています。
ジェネリック医薬品の製造中止は決定されたものの、販売中止は認められていません。そのため現在でも在庫品の輸出が続いています。
個人輸入代行サイトを利用すれば安価なジェネリック医薬品を購入可能ですが、在庫品が尽きれば販売が終了するとみられています。

サビトラやバリフ、ジェビトラ、シプラ、ベルデナフィル、ピットリアなどにはレビトラと全く同じ成分が含まれていますが、ジェネリック医薬品なので開発費がかかっていません。
また人件費などのコストが安いインドで製造されているため、価格も非常に安価です。本家のレビトラと比較すると10分の1ほどの価格で購入できます。

レビトラは即効性があるED治療薬として世界的に人気があります。
ジェネリック医薬品は中国などで製造された偽物も流通しているので、個人輸入する際には信頼できるサイトを選択することが重要です。
現在販売が続いているインド製のジェネリック医薬品は、正式認可を受けて製造されたものなので安全性に優れており少ないコストで勃起不全を改善できますよ。